団体の紹介文

HEPSAは、留学の魅力発信や、留学前後の学生のサポートなどを実施することで、一橋の派遣交換留学制度及びグローバルリーダー育成海外留学制度の利用を促進している団体です。先達が後続を支える伝統こそが、一橋大学の強みであり最大の魅力です。「一橋生が海外で挑戦する架け橋を作る」この思いのもと、私たちHEPSAは派遣留学への挑戦というはじまりの一歩と、その先を支え続けていきます。 ※留学前学生のサポート:留学を行く前の学生に留学制度の説明、直前では留学相談。就活相談等も。 ※留学後:留学を踏まえてキャリアにどう生かしたか。


人数

約30名※募集の段階で人数が足りていたら、留学経験者・予定者, 4, 6, 0, 0, 4, 0


設立年度

2007年(今期で16期目、次が17期) ※1987年に交換留学制度ができる。20周年記念としてできた。


インカレか否か


兼部・兼サー可能か否か

問題ございません。むしろ、既に団体に所属している学生がHEPSAに参加することがほとんどです。


活動場所

東キャンパス国際研究館1F


団体の活動頻度

班・係(イベント運営班が4つ(OBOG向け、留学生向け、高校生向け、日本に来る留学生向け)。HP運用・SNS広報(留学体験記・プチ情報))によりますが、週に1から2回オンライン上で仕事がある場合があります。また、イベントを実施する前などは準備等で忙しくなることがあります。ただ、基本的に忙しい団体では無いので、他の課外活動や学業で忙しい方も参加できます!


団体の最低活動頻度

班ごとのミーティングに参加していただければ問題ないと思います。(2週間に1、2回程度)


一週間の団体活動の過ごし方(例)


部費

無料


年間予定

一例にはなりますが、以下のとおりです 2月 第1回全体ミーティング 3月 4月 新入生向けイベント、留学フェア 5月 留学相談会 6月 エリア別懇親会(留学内定者対象) 7月 キャリアサロン、オープンキャンパス 8月 9月 留学相談会 10月 HEPSA総会(OBOGを含めた総会) 11月 一橋祭、エリア別懇親会、留学フェア 12月 17期メンバー募集開始 1月 17期メンバー募集締め切り、留学内定者祝賀会(如水会企画)


活動の様子


今年のテーマ・目標

現状17期への引き継ぎ時期のため、来期の目標につきましては後日更新したいと考えております。参考までに、16期の目標を記載いたします。 16期 活動方針 コロナ後を見据えたHEPSA学生事務局の継続 公式サイトの充実と派遣留学の発信 コロナ禍での留学を目指す学生のサポート


代表者の紹介


団体の魅力

① 留学から帰ってきた人の悩みは、1年大学から抜けるのでコミュニティがなくなる。留学に行ってきた人で固まるので、そこの繋がりができる。留学の仲間がいるというのは1年残るのはでかい。 ② 留学に行ってきた優秀な学生が多いので、有益なコミュニティ ③ 課題としてはオンラインでの活動がメインなので。来季あたりから改善ができたら。 ④ イベント時にOBOGとの接点もできる。 ⑤ OBOG組織・OBOG会があるため、卒業もつながりを維持できる


リンク集